FC2ブログ

●ハイレゾ音源を試してみる。2

そもそもCDの音源は16bit/44.1khzなのにたいして、ハイレゾは24bit/96khz、192khzというのである。

このあたりの話になると、われわれ文系出身の老人は拒否反応を示してしまうのであるが、つまり24bitとは16bitの256倍の分解能で、96khzとはCDの2倍の細かさということである。

なんとなくこれまでの方式とは随分違って、凄いということが推測できる。

つまり、数百万円のCDデッキを使ってCDをかけてみたところで、数万円の投資でハイレゾ音源を再生する音にはかなわないというわけである。

何はともあれ、まずそのデモ音源を聴いてみたいと思って、いろいろ検索してみると、日本では「eー音響」イギリスでは「Linn」アメリカでは「HDtrack」というのが配給しているようだ。

これを手持ちのオーディオ装置で聞くには、パソコンとDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)が必要というのである。

パソコンはwindowsXP以上でOKということで、8年前のXPを利用することにした。

DACは数万円から上は数十万円という世界なので、以前に中国製の激安のアンプで味を占めた私は、ネットで中国製のDACを一万円以内で手に入れて、試してみることにした。

繋ぎ方としては、パソコンのUSB端子からDACに繋ぎDACからピンケーブルでオーディオのAUXにつなぐだけである。

フォーマットはFLACというのを使うが、media playerで可能であるが、私の場合はフリーソフトのmusic beeというのを使っている。

(以下は次回に続く)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR