FC2ブログ

●オルガンシューズを手作り。

普通の靴をオルガンのために加工する。

いつもオルガンのペダルを、素足で奏いている女房のために、靴を加工しました。オルガンシューズというものが売ってあるのですが、これが需要者が少ないためにやたらと高価なのです。

教会のオルガンニストのKさんはそれを履いて演奏しているのですが、何と価格が2万~3万円もするのです。

いろいろ調べていると、別に演きやすい物であればいいようで、特に男性のオルガニストは普通の革靴で演奏している人も多いようです。

女性の靴は一般にファッショナブルなために踵が高かったり、問題があるようで、オルガンシューズを購入される方が多いようです。

オルガンシューズの踵は低く、裏底は皮を使用しているため、ゴム底の普通の靴では演奏中に滑らかな動きができにくくひっかるためだそうですが、今回、安い靴を買いその裏に、踵に硬い皮を張り、裏底の前面には、羊の皮を張りました。

女房はとても弾きやすくなったと喜んでいます。

シューズ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

オルガンに関するものなら何でも取り組んでみる精神で、今度はお連れ合いのためのオルガンシューズを手つくりされた。心温まる一話です。きっとこれまで以上によい奏楽が聴けることでしょう。
プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR