FC2ブログ

●以前作ったオルガンを改造修理しています。



★昨年5月ごろに作ったオルガンを修理改造しています。

★このパイプオルガンは、電機アクションを使用せず、古いリードオルガンを改造して製作したものですが、2箇所、音の濁りが見られます。

★リードオルガンのリード室をパイプオルガンの空気の通り道に利用していますが、隣のリード室から風が
漏れるため、音の濁りが生じていました。鍵盤下の格子部分をコーキングして、空気の漏れを防ぎました。

★利用しているリードオルガンは4列リードの大型ですが3列部分を木を当てて塞いでいます。一番後ろのリード室からビニールパイプを繋いで、鍵盤を抑えたときにビニールパイプに空気が流れる仕掛けです。いわばダイレクトアクションです。

写真
上、リード室に板(白く見えるもの)を貼って、前列リードとその上段のリードを塞いだ状態。

下、後列リードからビニールパイプでオルガンのパイプに空気を導きます。後列の上段のリード室も板を当てて塞いでいます。

★できればフイゴにペダルをつけて、クレッシェンドが使えるようにするつもりです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR