FC2ブログ

●京都の某教会のオルガンを修理する。6

風袋のヒズミを修理する。
風袋の板を修理する。

風袋(大袋)の板が少々ひずんでいましたので、ハタで締めています。

風袋の上の風箱が反っていましたので、補強板を張りました。
風箱の暴れ

大袋の接着剤が乾くまで一晩おきますので、その間に風箱の修理をしています。風箱の下板になる部分がかなり暴れていましたので、空気漏れの原因にならないように補強板を張り、平らにしています、風箱はこの上に乗りますがこの板の部分は風箱の底板になります。
接着面にはビニールレザー(蒼い色の物)を張ってエアー漏れを防ぎます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR