FC2ブログ

●超簡単、小型パイプオルガンを作ってみよう。13

デコーダーを繋ぐ

デコーダーを繋ぐ前に、電磁弁の動きをチェックしておく。
DC12V~24Vのバッテリーのプラス側を銀メッキ線に繋ぎ、12ピンケーブルの線の先端をマイナスでチェックし電磁弁がカチカチと動くか調べてみる。動きの悪いものは、スプリングのテンションやバーの角度、磁石とバーのギャップ等を調整して、正常に動くように工夫してみる。

デコーダー配線

さて電磁弁からつながっている25ピンケーブルの先端をデコーダーに繋ぐわけであるが、下の図がデコーダーの図面である。この基盤は64本まで繋ぐことができるが、パイプの低音から、1から順番に49までケーブルの先端を繋いで行く。50以降は繋ぐ必要はない。AC-DC変換のコンバーターはヤフーオークションで手に入れる。

オメガの図

図面のDC+と-の部分にコンバーターの端子を繋ぐ、今回使うブロワーは直流ですので余裕を持って24V仕様を落札する。


コンバーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR