FC2ブログ

●ミニパイプオルガンに自動演奏させる方法


自動演奏のためのMIDIファイルの作り方

 パイプオルガンを自動演奏させるために、webサイトからMIDI音源をダウンロードする方法を解説します。

♪まず最初にイギリスのANVIL STUDIOというサイトをダウンロードしてパソコンに取り込んでください。(フリーソフトです。)
http://www.anvilstudio.com/

1、ネット上では、個人で楽しむことを前提に、多くのオルガン曲がMIDIで公開されております。(もちろんオルガン曲以外も、ダウンロードしてパイプオルガンで自動演奏させることができます。)
 例、マクリーンの音楽部屋  http://homepage2.nifty.com/fuga/
バッハ工房 http://falsetto.ld.infoseek.co.jp/

2、公開されている曲から、好きな曲を選んでreal player 等を使ってパソコンに取り込みます。

3、次に最初にパソコン内にダウンロードしたANVIL STUDIOの画面を開けます。 

4、上部のツールバーのfileにカーソルを合わせ、open songをクリックします。

5、2で取り込んだMIDIファイルをクリックします。

6、ANVIL STUDIOの画面の左の方にtrack nameという欄がありますが、そこにMIDIを作った人が指定している楽器の名前がいくつか出ていると思いますが、演奏させる楽器はパイプオルガンひとつですので、これらをトラックダウンしてひとつにまとめる必要があります。
たとえばMIDIを作った人が、五つのトラックを使っていたとしても、すべてひとつにまとめるわけです。

7、track nameの欄を右の方へ進みとchannelと書かれた欄がありますが、そこにある数字を、すべて1に変えます。これで左のいろんな楽器をひとつの楽器で演奏することになります。

8、channelの隣にinstrumentという欄がありますが、そこにカーソルを合わせクリックするといろんな名前の楽器が表示されますが、私の場合は音の立ち上がりが良いので、37番のslap buss-1を選んでいます。

9、37番を選んでOKをクリックすると、channel-1がすべてslap buss-1に変わります。

10、再びツールバーのfileにカーソルを合わせます。

11、フロピーディスクをパソコンに挿入しsave songをクリックします。

12、するとフロッピーディスクに、演奏すべきファイルが出来上がりますので、これをmidiファイラーで演奏させれば、自動演奏ができるわけです。

*写真はヤマハのミディファイラーMDF3 (ヤフオクで1万円程度で購入)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR