FC2ブログ

●犬はイギリス人の最良の友達

 ★「犬は人間の最良の友人である」といってはばからないのがイギリス人であるが、狩猟民族という歴史的な背景からか犬を連れているイギリス人には本当に良く出会う。

 わが国でもそうだが、散歩の途中での犬の糞の始末は、この国でも頭痛の種である。しかしながら、わが国と違うところは公園や、街角に犬専用のポストのようなものが立ってあるところである。このポストのようなものに、散歩の途中で、犬が糞をしたとき、糞を入れておくと後で、回収にきてくれることになっている。日本にもこのようなシステムを導入してはどうかと思うのだが、如何なものだろうか。

 ちなみに犬の糞を放置して置くと200ポンドの罰金(およそ4万円)が科せられる。ところが週末ともなれば、乗馬を楽しむ人が多いのであるが、この馬の糞は、あちらこちらで、垂れ流し状態である。このことをホームステイ先のジャックに尋ねてみると、馬は草食動物で、糞が汚くないということである。放っておいても自然に還るというわけである。その証拠に馬の糞は肥料に使うけれども、犬の糞は、雑食のためバイキンが多く肥料に適さないというのだ。日本人の私にとっては、馬の糞の方が量が多く、道路に放置されていると、はるかに汚いように思うのだが、この辺の感覚がどうも理解できない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR