スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●小型パイプオルガンを作ってみよう。16

計画の一部変更を決断する。
計画の変更
ここまで進んできて思い悩んだ末に計画を変更することにした。
最初の目的である、3列トラッカーアクションのパイプオルガンを作る大きな目的は変えることはないが、写真のようなマイコンと電磁弁を利用することにした。
まずウインドチェストに送り込まれた空気は、マイコンと電磁弁で制御され、各チャンネルへ送ることになる。
従って、この連載の11,12,14,15は無駄な作業になるが、のちのことを考えれば遥かに時間の短縮になる。
まず鍵盤からパレットに伝えるアクション作成の作業がが大幅に少なくなる。
backfall、rollerboard、低音部のウインドチェストへのアクションの伝達。その他諸々である。
鍵盤は、midiの使えるキーボードに変更して、直流変更のコンバーターを導入するが、これらはすべて手元にすでにある。
またこの変更により、オルガンの小型化も図れると思う。
スポンサーサイト
プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。