スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●京都の某教会のオルガンを修理する。8

フイゴを剥がすのに苦労する。
フイゴの状態1
フイゴの状態2

フイゴを剥がすときは、アイロンを使って、熱で膠を剥がしながら行うのであるが、このオルガンはフイゴ劣化が酷く、膠部分とゴムがアイロンを当てると団子のように膠着してしまうため、普通なら1~2時間程度で終わる作業が一日かかってしまった。

大袋の板にヒンジを一つ追加する。
フイゴのヒンジ

大袋の開閉部分のヒンジがかなり弱弱しいので、真ん中部分に一つ追加しました。
スポンサーサイト
プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。