スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●大学の研究室を訪問する。

★24日の夕方、突然草津市の立命館大学の理工学部の研究室から電話がかかってきた。私自身は法学部の出身であるが、畑違いの理工学部からの電話でいったい何事かなと不思議に思った。

★話の骨子は、今、同研究室では、産学協同で、政府の資金援助の下、新しいモーターを開発しているとのことで、ぜひこのモーターを使ってパイプオルガンの送風機に利用できないかということであった。

★研究員のH氏の話では、8月24日にNHKで放送された当社のミニパイプオルガンをみて同じ滋賀県内の企業として、利用できないかと思って電話をしたということであった。

★早速26日に大学の研究室を訪問し、そのモーターの説明を聞くと、従来のモーターよりコンパクトで、省エネ、音が静かでパワーがあるとのこと、12ボルトのバッテリーで稼動し同時に充電も行うため、長時間の使用が可能であるとのことであった。(残念ながら写真撮影はできませんでした)

★現場には、工場扇が置いてあり、従来のものが80ワットの消費電力であるのに対し、このモーターを使ったものはわずかに17ワットの針をさしていた。しかも同時に発電も行っているため非常に長時間の運転が可能なのである。

★将来は、パイプオルガン用の音が静かで、パワーがあってコンパクトな夢の送風機が実現するかもしれない。

スポンサーサイト
プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。