スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ついにパイプオルガンが完成しました。


★2ヶ月かかったキャビネットの製作がようやく終わりました。

★これでパイプオルガンの一号機が完成しました。パイプオルガンを作ってみようと思い立ったのが4月でしたので、紆余曲折を経て、半年かかりで完成に至りました。

特徴を書いておきますと
●シンセザイザーではない、オリジナルのパイプによる音響的なパイプオルガンです。

●MIDIにより自動演奏ができます。(シーケンサーにより1チャンネルにトラックダウンのこと)

●市販のMIDIキーボードを接続することによりマイ・パイプオルガンとして手演奏ができます。

オルガンの仕様

調律      ベルクマイスター   A=448Hz(ピッチがチョット高いです)
パイプ     プリンシパル系 低音1オクターブはゲダクト系
笛の数     メタル(鉛・錫)37本、木管12本(低音部)
ストップ    4フィート、8フィート
電源      100v AC
サイズ     W1160mm×D640mm×H204mm

次回はさらに機能を向上させ、音楽的にも洗練されたものを作れるようにトライいたします。

★このパイプオルガンを販売いたします。興味のある方はお問い合わせください。

スポンサーサイト
プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。