スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●某氏邸での蓄音機の集り


京都市内のN邸でのSPレコードを聴く会
中村邸での鑑賞会
EMG蓄音機(サウンドボックス・エクスパート付)と左の蓄音機はウエスタンのホーンにクレデンザを合体させた贅沢な一品物です。
カザルスのバッハの無伴奏チェロを中心に、ゴールドベルクのベートーベンのスプリングソナタ、ランドフスカヤのモーツアルトの戴冠式、シゲティのメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲等盛りだくさんの演奏で、遅くまで楽しい時間をすごしました。
スポンサーサイト

★HMV蓄音機の修理 その2

香箱(バレル)を取り出す。
バレル

香箱とは、蓄音機のゼンマイが入っているケースのことですが英語ではバレルといいます。ちなみに柱時計等のゼンマイの箱もそういうらしいです。

バレル2

バレルの蓋を開けると中にはゼンマイが画像のように入っています。
これを散りだすわけですが、このままで引っ張り出すとゼンマイが飛び出し非常に危険です。ゼンマイは鋼でできていますのでダンボールの箱の中で引っ張り出します。

ゼンマイ部

取り出しますとこのようになっています。これを灯油と歯ブラシとウエスで洗います。
古いグリースが落とされて灯油が真っ黒になります。

グリスを塗布

ゼンマイに新しいモリブデングリースを塗布します。


★HMV蓄音機の修理 その1

HMV163のスピードコントローラーの交換
スピードコントローラー部
HMV163は、その下のレベルHMV157と同じ2段ゼンマイのモーターを使っています。

ホーンロードの大きさとケースの大きさが163の方が大きく、折り曲げ式のリエントランスホーンを使っているためHMV163の音のほうが迫力があり、生々しい感じがします。

右が163についていたスピードコントローラですが、写真でもわかるように部品が欠落しています。
そこで157の部品を外し163のものと交換することにしました。

この部分には髪の毛ほど細いスプリングがついていますので、注意をして作業する必要があります。

コントローラーの装着

HMV163のモーターにスピードコントローラーを取り付けました。

★11月の新入荷の蓄音機の紹介1

HMV蓄音機511
hmv511

今回入荷しましたHMV蓄音機511です。

このタイプには、オークのものと高級なマホガニーのものがありますが、これはマホガニータイプです。

サウンドボックスはマイカのHMVのNO4、金属部分は金メッキが施されています。

モーターは4スプリングです。

やわらかい良い音を聴かせます。

★カールホーン蓄音機ついに完成

一応の製作を終えることとしました
カールホーンの完成


いくつかの問題点が見つかったので、後日のために書き出しておきます。

1、使用した航空ベニヤは1,2mmの厚さのものを2枚張り合わせたのだが、1,5mmの航空ベニヤが売られていたので、次回は1.5mmのものを2枚張り合わせて作ってみたい。

2、、ホーンの大きさが60cm×60cmであるので、一般家庭のドアーを通れるサイズの70cmまでまだ拡大できる点。

3、スロートの部分を塩ビパイプで作ったが、この素材の硬さが、音質の好影響をもたらしたので、次回はスロートをもう少し長くしてみたい点。

4、ホーンの部分を硬くするためにペンキで塗装してみたが、EMGなどのホーン型蓄音機は膠で固めているようなので、ホーンを膠で固めてみるのも良いかも知れない。
プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。