スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●第2号機の製作の記録その9

久しぶりのブログ更新です。
上段のファサードとして、パイプをとりつけました。
鍵盤を三段にして、最上段の鍵盤で、小型のパイプオルガンとして、上段のパイプを演奏できます。
電気アクションですので、midiをつなげば自動演奏もできます。(ストリートオルガンになります。)
ハイブリッド
足鍵盤とパソコンをつなげばヴァーチャルパイプオルガンになります。
ミニパイプオルガンとヴァーチャルオルガンを合体させたものですので、ヴァーチャル・ハイブリッドオルガンと名付けました。
これでこのオルガンも約80%程度の完成です。
スポンサーサイト

●第2号機の製作の記録その8

2段鍵盤の完成
2段鍵盤

MIDIキーボードのフレームを外し、2段鍵盤を作りました。
アンティークのピアノについていた、ピアノスコンス(燭台)を取り付けました。

●第2号機の製作の記録その7

磁石とリードスイッチを取り付けました。
磁石とリード
前回取り付けた金具の先に磁石を取り付けました。
白木に溝を掘り、リードスイッチを取り付けました。ペダルを踏むと磁石にリードスイッチが吸い寄せられて、通電します。

●第2号機の製作の記録その6

ペダル(足鍵盤)に金具を取り付けています。
ペダルと金具
数年前にイギリスから取り寄せた中古のペダルに金具を取り付けています。
ペダルとベンチで8万円ほどで買いました。
これをMIDIに改造のため金具を取り付け先端に磁石を取り付けます。
リードスイッチを利用して、MIDIのスイッチにします。

●第2号機の製作の記録その5

リードオルガン(メイソン&ハムリン)の譜面台を利用しています。

譜面台取付
メイソン&ハムリンのパーツを利用して、いろんなところに取り付けています。
連休明けには、鍵盤のフレームを作るつもりです。
プロフィール

嶋村 健治

Author:嶋村 健治
魅力ある商品を紹介してゆきます。
ホームページもご覧下さい。
エフペック・オルガン工房
エフペック・アンティークス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。